東京医科歯科大学 腎臓内科東京医科歯科大学 腎臓内科

入局について

東京医科歯科大学腎臓内科に入局希望の方へ

  • 教授と医師
  • 研修風景

当教室に入局する時期として、以下のタイミングが挙げられます。

1) 初期研修終了時(後期研修開始時)に入局
東京医科歯科大学医学部附属病院または関連病院の内科専門研修プログラムの下で、腎臓をメインとした内科研修を行います。
内科専門研修について」をご参照ください。
2) 後期研修終了後に入局
関連病院、大学病院で腎臓内科医としてさらなる研鑽を積む方、大学院生として研究を開始する方が該当します。
初期臨床研修終了後の進路(新専門医制度)
初期臨床研修終了後の進路(新専門医制度)

入局を希望される方は、入局説明会に加え、当科の見学を必須とさせていただいております。こちらを参照の上、見学をお申し込みください。

当教室の入局説明会は、例年5-6月頃に行っております。腎臓内科の診療全般について、当教室の特色、大学院生活についてなどの説明を行います。日時については決まり次第、トップページにて通知いたしますので、随時チェックしてください。

また、上記1)に当てはまる方は、東京医科歯科大学医学部附属病院総合教育研修センター主催の内科専門研修説明会にもご参加ください。

当教室入局についてのQ&A

Q:関連病院のローテートについて教えてください。
A:入局後数年間は、2-3年毎にいくつかの関連病院をローテートします。派遣先は各自の希望を考慮して決定しますが、その時の各病院の人事に依るところが大きいです。
Q:卒後6年目ですが入局できますか?
A:卒後の年数により入局をお断りすることはありません。各自の将来のビジョンを伺って、面接等と併せて総合的に判断いたします。
病院見学の申し込みはこちら
当教室の診療実績はこちら
血液浄化療法部実績はこちら
研究業績はこちら