東京医科歯科大学 腎臓内科東京医科歯科大学 腎臓内科

教育・大学院

大学院入学

  • 大学院写真1
  • 大学院写真2
  • 大学院写真3

大学院では、世界をリードする研究成果を目指して日夜研究生活に専念します。これまでは卒後5年から8年目程度で大学院へ入学するケースが多く、新内科専門医制度が導入された現在でも、専門医を取得する6年目以降に入学を検討される方が多いと予想されます。

入学後は本人の希望を尊重して研究テーマを決め、教育指導者のもと研究を進めていきます。研究の進展によっては、各種国内・国外学会研究会での受賞、学術振興会特別研究員の資格取得や留学への道も開けています。主に臨床研究領域では社会人大学院制度を利用し、大学ないし各関連病院で臨床医として仕事を続けながら学位取得を実現する人もいます。

具体的な研究内容はこちら

当教室の業績(近年の受賞歴,プレスリリースなど)はこちら