東京医科歯科大学 腎臓内科東京医科歯科大学 腎臓内科

研究・業績

業績

近年の受賞歴

東京医科歯科大学腎臓内科では、例年様々な学会・研究会で数々の輝かしい賞を受賞しております。

2020年
  • 日本腎臓学会 令和2年度 大島賞 安藤 史顕 先生
  • 日本腎臓学会 令和2年度 YIA(Young Investigator Award)古荘 泰佑 先生
  • 第9回CKD Frontier Meeting CKD Frontier Award 古荘 泰佑 先生
  • Japan Kidney Council 2020 奨励賞 高橋 直宏 先生
  • 第52回臨床体液研究会 優秀演題賞 星野 幹 先生
2019年
  • 第30回 日本医学会総会  日本医学会総会最優秀奨励賞 安藤 史顕 先生
  • 日本腎臓学会 令和元年度 YIA(Young Investigator Award)菊池 寛昭 先生
  • 第10回分子腎臓フォーラム 優秀賞 古荘 泰佑 先生
  • 2019年度東京医科歯科大学医師会賞 菊池 寛昭 先生
  • 第8回CKD Frontier Meeting CKD Frontier Award 菊池 寛昭 先生
2018年
  • 日本腎臓学会 平成29年度 大島賞 野村 尚弘 先生
  • 日本腎臓学会 平成29年度 優秀論文賞 森 崇寧 先生
  • 日本腎臓学会 平成30年度 YIA(Young Investigator Award) 磯部 清志 先生
  • 第9回分子腎臓フォーラム 優秀賞 安藤 史顕 先生
  • 第61回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 萬代 新太郎 先生
  •  東京医科歯科大学やる気倍増プロジェクト研究部門 優秀研究賞 安藤史顕 先生
  • 東京医科歯科大学医科同窓会・第31回研究奨励賞 安藤 史顕 先生
  • 第28回バソプレシン研究会 研究奨励賞 藤丸 拓也 先生
2017年
  • 日本高血圧学会 第7回学術賞 蘇原 映誠 先生
  • 第60回日本腎臓学会学術総会 最優秀総会長奨励賞 森 崇寧 先生
  • 日本腎臓学会 平成29年度 YIA(Young Investigator Award)安藤 史顕 先生
  • 第8回分子腎臓フォーラム 優秀賞 高橋 大栄 先生
  • 東京医科歯科大学 学長裁量優秀若手研究者奨励賞 安藤 史顕 先生
  • 第27回バソプレシン研究会 研究奨励賞 正田 若菜 先生
2016年
  • 第59回日本腎臓学会学術総会 会長賞 佐々木 絵美 先生
  • 第59回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 吉崎 幸 先生
  • 第7回分子腎臓フォーラム 優秀賞 安藤 史顕 先生
2015年
  • 日本腎臓学会 平成28年度YIA(Young Investigator Award)井上 佑一 先生
  • 日本腎臓学会 平成28年度YIA(Young Investigator Award)菊池 絵梨子 先生
  • 日本腎臓学会 平成28年度YIA(Young Investigator Award)銭谷 慕子 先生
  • 48th Annual Meeting of the American Society of Nephrology, San Diego, 2015 Top Oral Abstracts by Trainees荒木 雄也 先生
  • 日本腎臓学会 平成26年優秀論文賞(ベストサイテーション賞) 須佐 紘一郎 先生
  • 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 森 崇寧 先生
  • 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 荒木 雄也 先生
  • 第58回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 吉崎 幸 先生
  • 第6回分子腎臓フォーラム 優秀賞 銭谷 慕子 先生
  • 第47回臨床体液研究会 優秀演題賞 河本 亮介 先生
2014年
  • 第3回万有医学奨励賞 蘇原 映誠 先生
  • The 14th Asian Pacific Congress of Nephrology, Tokyo, Japan Young Investigator Award of Asian Nephrologist 蘇原 映誠 先生
  • 日本腎臓学会 平成25年優秀論文賞 佐々木 成 先生
  • 第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 高橋 大栄 先生
  • 第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 森 雄太郎 先生
  • 第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 須佐 紘一郎 先生
  • 第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞 銭谷 慕子 先生
  • 第5回分子腎臓フォーラム 優秀賞 井上 佑一 先生
  • 第25回バソプレシン研究会 研究奨励賞 銭谷 慕子 先生
2013年
  • 46th Annual Meeting of the American Society of Nephrology, Atlanta, 2013 Top Oral Abstracts for ASN 若林 麻衣 先生/森 崇寧 先生
  • 日本腎臓学会 平成25年度大島賞  蘇原 映誠 先生
  • 第56回日本腎臓学会学術総会 会長賞 菊池 絵梨子 先生
  • 日本腎臓学会 平成24年優秀論文賞 須佐 紘一郎 先生
  • 第4回分子腎臓フォーラム 優秀賞 磯部 清志 先生
  • 第45回臨床体液研究会 優秀演題賞 磯部 清志 先生
  • 第24回バゾプレシン研究会 研究奨励賞 井上 佑一 先生
2012年
  • 第55回日本腎臓学会学術総会 会長賞 森 崇寧 先生
  • 日本腎臓学会 平成23年優秀論文賞 内藤 省太郎 先生
  • 第3回分子腎臓フォーラム 優秀賞 若林 麻衣 先生
  • 第2回分子腎臓フォーラム 優秀賞 森 崇寧 先生
  • 第22回バゾプレシン研究会 研究奨励賞 井上 佑一 先生

プレスリリース

2021年
蘇原映誠, 藤丸拓也. 成人慢性腎臓病患者に潜在する希少疾患ネフロン癆の臨床像を解明―, Kidney International Reports 2021年3月.

2020年
蘇原映誠, 古荘泰佑. TNFαはWNKシグナルを活性化し慢性腎臓病の塩分感受性高血圧発症に関わる―, Kidney International 2020年2月.

2019年
藤木珠美, 安藤史顕, 内田信一. バゾプレシン2 型受容体拮抗薬トルバプタンが酸化ストレス防御因子を活性化する― トルバプタンの新規薬理学的作用を解明、臨床応用への道―, Scientific Reports 2019年6月.

菊池寛昭, 頼建光「慢性腎臓病患者において、高体重は短期予後の予測因子である」が読売新聞(2019年2月2日付 夕刊)に掲載

2018年
菊池寛昭, 伏見清秀, 頼建光. 慢性腎臓病患者において、高体重は短期予後の予測因子である―国内大規模DPCデータベースを用いて―, PLOS ONE 2018年12月.

菊池寛昭, 蘇原映誠, 内田信一. 慢性腎臓病の新たな治療標的としてエネルギー不全の感知障害を発見―慢性腎臓病の新たな治療法開発へ期待―, Kidney International 2018年11月.

安藤史顕, 内田信一. FMP-API-1が腎臓において尿濃縮に重要な水チャネルを強力に活性化する―腎性尿崩症や尿濃縮力低下による多尿に対する新規治療法開発へ期待―, Nature Communications 2018年4月.

藤丸拓也, 森崇寧, 蘇原映誠, 内田信一. 家族歴のない指定難病「多発性嚢胞腎」成人患者の遺伝学的背景と臨床所見の解明―嚢胞性腎疾患の網羅的遺伝子診断パネルの作成と応用への期待―, Clinical Genetics 2018年3月.

橋本博子, 蘇原映誠. 糖尿病治療薬メトホルミンが、腎臓からの塩分排泄を増加させる―メトホルミンが余分な塩を排泄し血圧を下げる可能性を発見―, Metabolism, 2018年3月.

石川聖子, 内藤省太郎, 内田信一. 「保存期腎不全患者におけるループ利尿薬使用はサルコペニア合併と関連する可能性がある」―マウスの基礎実験で得られた結果を臨床研究で初めて検討―, PLOS ONE, 2018年2月.

2017年
銭谷慕子, 森崇寧, 内田信一. 多発性骨髄腫治療薬のボルテゾミブは腎臓の線維化を抑制する―新しい慢性腎臓病治療薬となる可能性―, Scientific Reports 2017年10月.

萬代新太郎, 内田信一. 骨格筋の形成• 肥大にNa-K-Cl 共輸送体(NKCC)が関与―ループ利尿薬がサルコペニアに関与する可能性を示唆―, Scientific Reports 2017年4月.

新井洋平, 蘇原映誠, 内田信一. 塩分負荷が腎臓の近位尿細管細胞のインターフェロンγ誘導性の免疫応答を抑制する―塩分濃度による新しい免疫修飾機構の発見―, Scientific Reports 2017年4月.

高橋大栄, 内田信一. 血圧制御因子WNK4 が脂肪組織では脂肪細胞の分化を制御する―メタボリックシンドロームの病態解明に期待―, EbioMedeicine, 2017年3月.

2016年
安藤史顕, 内田信一. 腎臓において尿濃縮に重要な水チャネルをWnt5aが活性化する―尿崩症の新規治療法開発へ期待―, Nature Communications, 2016年11月.

正田若菜, 野村尚弘, 内田信一. 摂りすぎたカリウムを腎臓がすぐに尿に排出する仕組みを発見―高カリウム血症の病態解明と治療法開発への期待―, Kidney International 2016年10月

2015年
銭谷慕子, 内田信一. アンジオテンシンIIによる血管収縮にオートファジーが関与―高血圧の新規治療法開発への応用が期待―, Journal of the American Society of Nephrology, 2015年1月.

業績PDF