東京医科歯科大学 腎臓内科東京医科歯科大学 腎臓内科

血液浄化療法部

各治療法について

血液透析 Hemodialysis (HD)

血液透析について」をご参照ください。

腹膜透析 Peritoneal dialysis (PD)

腹膜透析について」をご参照ください。

血漿交換 Plasma exchange (PE)

一般的な膜型血漿分離器により、分離された血漿成分を全て廃棄し、同量のアルブミン溶液または新鮮凍結血漿で置換することにより、血漿成分に含まれる病因物質の除去を行います。下図に血漿交換の回路例を示します。

血漿交換の回路例
血漿交換の回路例

選択的血漿交換 Selective plasma exchange (SePE)

血漿交換で用いる血漿分離器よりも膜孔の小さな選択的膜型血漿分離器を用いて、IgG以下の病因物質を含む血漿成分を分離廃棄し、それと同量のアルブミン溶液を血球成分と共に体内に戻す血漿交換の一方法です。喪失により出血の原因となる凝固因子を保持することが可能となります。下図に選択的血漿交換の回路例を示します。

選択的血漿交換の回路例
選択的血漿交換の回路例

血漿吸着 Plasma adsorption (PA)

一般的な膜型血漿分離器により分離された全血漿成分を、吸着器に通すことにより、病因物質が吸着除去された血漿成分を体内に戻します。自己抗体を吸着除去する免疫吸着法(immunoadsorption plasmapheresis: IAPP)とLDLコレステロールなどを吸着除去するLDL吸着が、代表的な治療法となります。下図に免疫吸着法の回路例を示します。置換液を必要とせず、理論上は一番良い治療法です。
しかしながらわが国で使用できる吸着器は陰性荷電しているリガンドを用いて物理化学的な静電結合や疎水結合などを利用しており、海外で使用されている抗体反応を用いて生物学的作用による吸着器とは異なります。

免疫吸着法の回路例
免疫吸着法の回路例