東京医科歯科大学 腎臓内科東京医科歯科大学 腎臓内科

診療科紹介

診療科概要

東京医科歯科大学腎臓内科は日本で最初に透析療法を開始した機関の一つであり、腎臓病全般に対する十分な臨床経験を持ち、信頼される医療の提供を行っています。

また腎臓病の進行に影響を及ぼす生活習慣病(メタボリック症候群)や、腎臓希少難病にも注目し、幅広い学術研究を行なっています。着実な基礎研究や臨床研究で得られる知見が、多くの場面で患者さんに還元されることを期待しています。

当科では、将来の腎臓学に貢献する多くの医師やスタッフのご参加をお待ちしております。

 

沿革

当教室の歴史は、1949年当大学の旧第二内科開講までさかのぼります。旧第二内科の腎臓グループは、診療面では関連病院を充実させ活発な臨床活動が行いながら、研究面では「先端的研究の推進」を目指して、多数の国内外の研究施設との人的交流を活発に行い、多くの論文をNature, New England Journal of Medicine, Nature Geneticsをはじめとする一流誌に発表し、日本における腎臓内科学の指導的地位を確立しました。
そして2000年には大学院重点化に伴い、大学院医歯学総合研究科体内環境調節学分野に生まれ変わり、初代教授として佐々木成先生が就任しました。
その後「大学院医歯学総合研究科 腎臓内科学分野」と改名し、2014年には、第2代教授として内田信一先生が就任し、現在に至っております。